顔のたるみ改善に利用したいウチワサボテンオイルの酸化は?油焼けは大丈夫?

ウチワサボテンオイルは、ビタミンEが豊富で抗酸化作用があり、アルガンオイルよりもスゴイって言うことで最近、注目されている美容オイルです。とっても良いことだらけのオイルのように感じます。しかし、オイルというと酸化するのが当たりまえみたいなところはありませんか?

 

いつでも、どんな時でも利用できそうなウチワサボテンオイルですが、酸化して、シミのもとになってしまうということはないのでしょうか?オイルの酸化について、心配になったので、まとめてみました。安心して美容オイルを利用する為の参考になればうれしいです。


美容オイルの酸化はなぜ起こるのでしょう?ウチワサボテンオイルで油焼けって大丈夫?

美容オイルを継続使用していく過程で、オイルの酸化とか油焼けとか心配になりますよね。そもそも、酸化とは何なのでしょう?油焼けの違いは何?って感じです。まず、オイルの酸化についてです。オイルの酸化と言うのは、オイルが酸素に触れて、不純物や紫外線によって、オイルが劣化してしまうことです。

 

一方、油焼けとは、肌につけたオイルが太陽からの紫外線や熱などの影響で、酸化してしまい、肌のシミやくすみ、色素沈着の原因になってしまうことです。しかし、全ての美容オイルが酸化して油焼けの原因になるとは限らないようです。酸化しやすいオイルと酸化しにくいオイルとあるようなので、区別して利用することで、油焼けを避けることができます。

 

 

オイルが酸化する原因は、「不純物」にあると言われています。オイルの中に含まれる不純物が日焼けの原因につながりやすく、不純物の多いオイルを肌につけて、紫外線を浴びてしまうことで、シミやくすみができてしまうという事になります。

 

不純物を多く含み純度の低いオイルを日中つけることが「油焼け」の原因となる場合があるので、「純度の高いオイル」を選ぶことが大切になります。

 

上記のことから考えてウチワサボテンオイルを利用する場合、不純物が含まれているウチワサボテンオイルを選ぶのではなく、100%オーガニックにこだわったウチワサボテンオイルを選ぶことで、安心してお肌に利用できることになります。

 

100%オーガニックウチワサボテンオイルについては以下の記事を参考にして下さい。

 

ピュアオイルドールのウチワサボテンオイルは敏感肌の顔のたるみ改善におすすめ

顔たるみ改善の為に知りたい酸化しやすいオイルと酸化しにくいオイルの見分け方

オイルには、酸化しやすいものと酸化しにくいものがあると言われています。酸化の原因となるのが、オイルに含まれる「不純物」と言われています。また、酸化しやすいオイルの特徴としては、リノール酸が多く含まれているものや、酸化安定成分が少ないということが挙げられます。例えば、以下のようなオイルは、注意が必要です。

 

酸化しやすいオイル

 

  • 馬油
  • ローズウッドオイル
  • 亜麻仁油 など

 

これらのオイルは、決して悪いオイルではありません。購入する場合、保存期間が短いと言うことを意識しておくことが大切です。上記のオイルは、酸化しやすいオイルと言われているので、朝のスキンケアの使用は避けた方が良いです。夜のスキンケアのみに取り入れることをおすすめします。

 

酸化しにくいオイル

 

  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • ココナッツオイル
  • 椿油
  • アルガンオイル
  • ウチワサボテンオイル

 

日中、使用するのであれば、上記のようなオイルがおすすめになります。酸化しにくいオイルの特徴としてリノール酸の含有量が少ない、もしくはビタミンEなどの抗酸化成分が多く含まれることが挙げられます。

 

ウチワサボテンオイルは、リノール酸も多く含まれていますが、それ以上にビタミンEの含有量が、アルガンオイルの1.6倍と言われるほど多く含まれていること、ウチワサボテンオイルの最大の特徴は、抗酸化作用に優れていることから考えても、ウチワサボテンオイルは、酸化しにくいオイルと考えられると思います。

 

ただ、選ぶ時には、上記でもお伝えしましたが、100%オーガニックにこだわったオイルと言うことが大切になります。また、上記のオイルは、酸化しにくく、油焼けしにくいオイルと言うことだけです。紫外線による日焼け防止にはなりません。ですから、紫外線対策の日焼け止めクリームが必須になります。気を付けて使用して下さい。

 

美容オイルの保存期限、保存方法についても考えましょう

 

酸化しにくい美容オイルを使っているから大丈夫と油断していると危険です。オイルは、いずれ、酸素にふれ酸化するものです。美容オイルの効果を最大限に得る為にも、保存期限や保存方法についても注意が大切になります。

 

酸化してしまった美容オイルをお肌につけるとかえって肌トラブルの原因になるので使用できません。美容オイルに表示されている使用期限は、オイルが酸化してしまう手前ということを意味します。

 

大抵、酸化しやすい美容オイルの使用期限は、冷蔵保存で1〜2ヶ月程度で使いきることをおすすめします。酸化しにくいオイルの場合には、常温で2〜3ヶ月ほどは、大丈夫と言われていますが、使用期限の表示は、どのオイルにもあるものなので、購入時に確認することが大切です。

 

一方、美容オイルの保存方法ですが、こちらも酸化しないように保存することが大切になります。大抵の美容オイルは、遮光性のあるボトルに入っていますが、念のため、直射日光の当たらない場所に置くことをおすすめします。また、特に酸化しやすいオイルについては、常温ではなくて、冷蔵庫で保存することが良い方法だと言われています。

 

以上が美容オイルを取り扱う時の注意としてお伝えさせていただきました。話の始まりは、ウチワサボテンオイルでしたね、ウチワサボテンオイルの保存は、酸化しにくいオイルなので、常温でも大丈夫ですが、使用期限内に使い切ることは大切です。ご自分で確認して、お肌の為にも早めに使い切りましょう。

 

スポンサードリンク

顔のたるみ改善に利用したいウチワサボテンオイルの酸化は?油焼けは大丈夫?

関連ページ

ウチワサボテンオイルの抗酸化作用が顔のたるみ改善に効果的
サボテンオイルは抗酸化作用があり顔のたるみにも効果があるのか調べてみました。特にウチワサボテンオイルは保湿作用、再生作用もあり注目です!ここではオイルの使いかtも含めて詳しく紹介します!
顔のたるみ改善を目指す為のウチワサボテンオイルの効果的使い方とは
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。
アルガンオイルとウチワサボテンオイルの比較!顔のたるみ改善にどちらが効果的?
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。
ピュアオイルドールのウチワサボテンオイルは敏感肌の顔のたるみ改善におすすめ
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。