ファンケル化粧品に配合のアクティブセラミドのスゴイ効果とは?顔のたるみへの効果は?

ファンケル化粧品と言うと、「無添加でお肌に優しい化粧品」というイメージが定着していますよね。そのファンケルから販売されているアクティブコンディショニングEXに配合されているアクティブセラミドが低下したバリア機能に働きかけ、角層を整え、自らセラミドを作り出すお肌の活性化に効果があるということで話題になっています。

 

この話題のアクティブセラミドとは、他のセラミドと比べてどんな優れた特徴があるのでしょうか?それは、年齢を重ねて気になりだす顔のたるみにどのような影響を与えてくれるのでしょうか?そのような点をまとめてみました。


顔のたるみが気になる肌にハリを与えてくれるアクティブコンディショニングEXとは

ファンケル化粧品のアクティブコンディショニングEXのシリーズでは、「化粧水」と呼ばない点に特長があります。なぜ、そのようなネーミングにしたのかは、実際、使ってみるとわかります。一般的に化粧水と呼ばれるものは、洗顔後に塗布するものとして、サラッとしているものが多いです。

 

しかし、ファンケル化粧品の化粧液は、トロっとしています。どちらと言うと、美容液に近いテクスチャーです。ファンケルでは、アクティブコンディショニングEXを使うことで、厳選された美容成分だけをギュッと凝縮した美容液のようなスキンケアを体験してほしいという願いから、「化粧液」と読んでいるようです。

 

アクティブコンディショニングEXに配合されている成分で注目されているものが、ファンケル化粧品独自の成分であるアクティブセラミドと適応型コラーゲンです。適応型コラーゲンについては、違う記事で取り上げようと思っています。今回は、そのスゴイと言われているアクティブセラミドについてです。

 

アクティブコンディショニングEXについては、以下の記事も参考にして下さい。

 

顔のたるみ肌からハリ肌へ変化ファンケルのアクテイブコンディショニングEXとは


アクティブコンディショニングEXに配合のアクティブセラミドとは?顔のたるみへの効果は?

アクティブセラミドについて

 

一般的なスキンケアで、お肌の水分が逃げないようにフタをして潤すというのが大切と言われていますが、様々な研究を経てファンケルがたどり着いたスキンケアは、「自らの力でバリア機能を整え美しい角層を育む」と言うことでした。そして、それを実現する為に「アクティブセラミド」が誕生したのです。

 

美しい素肌を維持するために、バリア機能を正常に保つことは、とても重要なことです。正常なバリア機能と言うのは、角層細胞と角質細胞間脂質が重なったミルフィーユのような構造に水分と油分を交互に積み重ねることで肌の水分を保持し、外的刺激から肌を保護している状態を言います。

 

 

この正常なバリア機能が乱れてしまうとお肌は、乾燥するだけでなく、紫外線などの外的刺激が肌の奥まで入りやすくなり、お肌の老化を加速させてしまう原因になります。そこで、バリア機能を維持する為にも角層を整えることが重要になるのです。

 

今まで、バリア機能を修復するという点から一般的にセラミドが広く使われてきました。セラミドをお肌に塗布すると、肌の表面に膜を作り、物理的にバリア機能を修復することができます。

 

しかし、人の肌には、10種類ほどのセラミドが存在し、場所によっては、存在するセラミドの組成が異なること、老化によってもセラミドの組成は変化することなどから、その人にあったセラミドを増やす為には、単にセラミドを補うのではなく、肌自体を活性化し、自らセラミドを作り出すことがお肌の為になるという考えにファンケルは辿りついたと言います。

 

ファンケルは、セラミドを作り出す時に必要となるタンパク質であるFATPA4に着目しました。FATP4から取り込まれた栄養素からセラミドは、作られます。しかし、肌細胞とFATP4の知見は少なく、研究は困難だったといいます。しかし、ファンケルは、どんな時にFATP4が減少し、どんな時に増加するのかを研究で得ることができたようです。

 

  • FATP4は、乾燥などのバリア機能を破壊させるストレスを肌細胞に与えると減少します。
  • 防腐剤を添加するとFATP4は、減少します。

 

上記のことが解り、また、ある特定の糖類がFATP4を強く活性化し、増加させることも発見したといいます。それを魚類由来のセラミド成分と組み合わせたことで、セラミドを補いながら肌自身のセラミド産生力も高めることができる「アクティブセラミド」を誕生させることができました。

 

ファンケルは、アクティブセラミドを誕生させるまでに4年の歳月を費やしたと言います。アクティブセラミドは、ファンケルの技術力が詰まった美容成分なのです。

 

顔のたるみとバリア機能の関係

 

上記までで、お肌のセラミドの産生力も高める効果を持つ、アクティブセラミドについて、お伝えしました。ファンケルは、アクティブセラミドを2週間利用した場合の角層細胞の変化を調査したところ、2週間後には、アクティブセラミドを利用したほとんどの人が高いバリア機能を持つ細胞へと変化していたと言う結果が得られたということです。

 

バリア機能の低下は、お肌の水分を保持することができず、肌から水分が蒸発してしまう状態です。その為、お肌は、乾燥状態になります。また、外部からの刺激も受けやすくなり、特に紫外線などの影響は受けやすくなります。

 

 

お肌の老化の原因のほとんどが、紫外線によるものであると言われているため、肌細胞が紫外線のダメージを大きく受けてしまうことは、お肌の老化を促進させてしまうことになります。お肌が紫外線の影響を受けると、肌細胞には、活性酸素が多く発生します。活性酸素は、タンパク質やDNAを直接、傷つけ、コラーゲンやエラスチン生成に大切な線維芽細胞の機能低下などを生じさせます。

 

線維芽細胞の機能が低下すると、コラーゲンやエラスチン不足が生じ、お肌のハリや弾力が失われ、顔のたるみが生じる原因になります。結果的に、バリア機能の低下は、顔のたるみを促進させてしまうのです。逆に、アクティブセラミドにより、バリア機能が正常化されれば、お肌は、外敵刺激から守られ、顔のたるみ予防へとお肌を導いてくれます。

 

アクティブセラミドが配合されたアクティブコンディショニングEXは、顔のたるみに直積的に働きかける化粧液では、ありませんが、間接的に、顔のたるみを予防したり、改善したりという働きには、優れている化粧液です。特に、お肌の乾燥が気になり、顔のたるみに関しても合わせてスキンケアをしたいと言う方は、是非、試していただきたいアイテムです。

スポンサードリンク

ファンケル化粧品に配合のアクティブセラミドのスゴイ効果とは?顔のたるみへの効果は?

関連ページ

顔のたるみ肌からハリ肌へ変化ファンケルのアクテイブコンディショニングEXとは
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。
ファンケルのビューティーブーケでごわつき肌を解消して顔たるみ改善へ
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。