顔のたるみ改善に潤いとハリ肌同時に効果を得たい方はファンケルモイストリフトエッセンス!

加齢とともに、顔のたるみは誰もが気になるものですが、顔のたるみの原因には、様々な要因が絡みあって生じるため、症状もそれぞれだと思います。顔のたるみは気になるけどシミも気になる方、顔のたるみは気になるけどお肌のくすみも気になる方、顔のたるみが気になるけど乾燥肌にも悩んでいる方。

 

お肌の悩みは、一つではないと思います。それぞれ、生活している環境が違うとお肌の症状も変わってくると思うので、悩みの種類が多い方もいれば、少ない方もいらっしゃると思います。そのようなお肌の悩みの中で、今回は、顔のたるみは気になり始めたけれど、お肌の乾燥もすっごく酷くて、何とかしたいけれど良い化粧品に出会えないのよね〜と言う方の為の記事です。

 

お肌の乾燥は、加齢とともに悩みとして抱える方は、多いと思います。そして、お肌の乾燥が進んでしまうから顔のたるみも生じてしまっているのかもしれません。そんな方には、まずお肌に潤いを与えて、徐々にたるみが改善されるような美容液がおすすめです。

 

ファンケル化粧品のモイストリフトエッセンスは、まさに、そんな方の為に誕生した美容液です。コラーゲンとヒアルロン酸でお肌に潤いを与え、たるみ肌からハリ肌へと導いてくれる美容液です。そのファンケル化粧品のモイストリフトエッセンスの特長、効果について、まとめてみました。


顔のたるみ改善に期待したいファンケルのモイストリフトエッセンスとは

ファンケルのモイストリフトエッセンスは、お肌の乾燥と加齢に伴う年齢肌の悩みに対しダブルでアプローチする、しっとりとしたコクのある美容液です。代表的な成分としては、年齢とストレスで失われがちなコラーゲンとその働きを支えるヒアルロン酸を配合しています。

 

また、離れたコラーゲンとヒアルロン酸に同時に働きかけ、つなぎとめるアセチルグルコサミンも配合され、毎日の積極的なケアで、みずみずしく弾力のあるお肌へと導いてくれます。

 

ファンケル独自成分適応型コラーゲンの作用

 

コラーゲンは、肌にハリや潤いを与えてくれる重要な成分で、真皮層では、90%がコラーゲンで構成されています。加齢とともに、コラーゲンの産生力は衰え、その量が減ることによって、顔のたるみやシワなどの症状に繋がります。

 

お肌のコラーゲンの種類には、30種類ほど存在すると言われています。中でも95%を占めるのが、主にハリを作るT型コラーゲンと弾力を作るV型コラーゲンと言われているものです。

 

 

ファンケルでは、コラーゲンの産生力を高めるために、特定のアミノ酸配列をもった低分子コラーゲンに着目しました。この「適応型コラーゲン」は、低分子である為、浸透性が高く、細胞に取り込まれてコラーゲンのもととなりやすいのが一つの特徴です。

 

また、「適応型コラーゲン」は、遺伝子レベルでコラーゲンの産生力を高め、そのため従来の成分でも産生が高まる「T型コラーゲン」だけでなく、「V型コラーゲン」の産生も高めることがわかりました。これによって、総合的にコラーゲンを作り出し、今まで以上に肌にハリ、弾力を与え、たるみのない肌へ導いてくれます。

 

加水分解ヒアルロン酸の効果

 

加水分解ヒアルロン酸とは、酵素などで加水分解して得られる分子量1万以下の低分子ヒアルロン酸です。加水分解ヒアルロン酸の他に、低分子ヒアルロン酸、浸透型ヒアルロン酸などと呼ばれています。低分子である為、高分子ヒアルロン酸に比べて、ベタつきがなく、サラッとした使用感で、肌への浸透性を持たせ、高い水分保持力がある点が特徴です。

 

通常のヒアルロン酸は、分子量が50万〜200万と大きく粘度が高いので、肌表面にしっとり感があり、皮膚内に浸透せず、皮膚の外に保護膜を作り空気中の水分や化粧品の水分を含んで角質層に与える作用があります。

 

一方、加水分解ヒアルロン酸は、低分子のヒアルロン酸ですから、高分子のヒアルロン酸に比べ、お肌への浸透力が高いです。また、加水分解ヒアルロン酸は、高分子ヒアルロン酸の2倍の皮膚のバリア機能の回復力があることがわかっています。

 

ところで、ヒアルロン酸をお肌にしっかり確保するためには、コラーゲンもしっかり存在している必要があります。コラーゲンは、真皮部分に格子状の網の様になっていて、その網の目の部分にヒアルロン酸をしっかり囲い込む事によって、お肌の保湿力と弾性力を保つことができるのです。

 

 

つまりどんなに良いヒアルロン酸を取りいれても、お肌にコラーゲンが不足していたら保湿力も弾性力も現れにくくなってしまいます。逆に、ヒアルロン酸が不足していれば、コラーゲンの網の目の部分はスカスカになり、お肌にハリを与えることができません。コラーゲンとヒアルロン酸は、互いに助け合って存在しているのです。

 

ファンケルのモイストリフトエッセンスは、この様なコラーゲンとヒアルロン酸の関係を利用する為に、美容液の成分として配合し、ハリ、弾力のあるお肌へと導く美容液となっているのです。

 

アセチルグルコサミンの効果について

 

ファンケルのモイストリフトエッセンスに配合されているアセチルグルコサミンとは、体内でヒアルロン酸の生成を促す作用がある為、肌の潤いや滑らかさを保つ為に欠かせない成分です。ヒアルロン酸は、保水力が高く、お肌の潤いを保つには、大切な成分です。

 

しかし、60歳になるころには、20歳の頃の半分に減ってしまうことが知られています。ヒアルロン酸の減少がお肌の老化、すなわち保水力の低下の大きな要因になっています。そこで、アセチルグルコサミンが必要になってくるのです。

 

アセチルグルコサミンの分子量は、ヒアルロン酸と比較した場合、400〜3000分の1と小さく、浸透性が高いため、お肌の奥まで、浸透することが出来ます。アセチルグルコサミンを塗布した場合に、皮膚で重要な役割を担うヒアルロン酸とコラーゲンにどのような影響があるかを調べる為、皮膚細胞をアセチルグルコサミンを含む培地で2日間培養し、ヒアルロン酸とコラーゲンの産出量を調べました。

 

その結果、アセチルグルコサミンの濃度を上げるとヒアルロン酸およびコラーゲンの産出量が増加することがわかりました。分子量の小さいアセチルグルコサミンは、お肌の奥まで浸透して、コラーゲンやヒアルロン酸の産生に大きく影響を及ぼすようです。

 

ファンケルのモイストリフトエッセンスには、ヒアルロン酸とコラーゲンとアセチルグルコサミンがセットで配合されています。それぞれが相互に働き合うことで、お肌に潤いとハリを与えてくれる美容液となっています。特に、お肌の奥からのハリ不足を感じ、お肌の潤いが少なく悩まれている方には、おすすめの美容液だと思います。

顔のたるみ改善のためのモイストリフトエッセンスの効果的な使用法

モイストリフトエッセンスの使用料目安は、2プッシュです。お肌の状態をみて、増やしたり減らしたりしていただいて大丈夫です。手のひらに2プッシュ出し、優しく以下のように伸ばしていって下さい。

 

1.中指と薬指を使い、頬、額、鼻、口元、目元の順に優しく伸ばします。頬は、筋肉の流れにそって内側から外側へ、額は、下から上へ、じっくり優しく押し込むようになじませます。

 

2.両手のひらで、鼻から顎にかけて、頬全体、顔から目元にかけてと3箇所をそれぞれ数秒押さえてなじませます。最後に手のひらで顔全体を包み込みプレスして、美容成分を肌の奥まで届けるように仕上げます。

 

ファンケルのHPを見るとツボ押しを取り入れた美容法の記載があります。美容液を塗布しながら、ハリ、弾力に関係のあるツボを押してあげると、効果的の様です。ツボ押しを取り入れる場合は、以下の記事を参考にして下さい。ツボの位置などがわかりやすく記載しています。

 

顔のたるみ改善に無添加ファンケルBCビューティコンセントレートの効果がスゴイ


スポンサードリンク

顔のたるみ改善に潤いとハリ肌同時に効果を得たい方はファンケルモイストリフトエッセンス!

関連ページ

顔のたるみ肌からハリ肌へ変化ファンケルのアクテイブコンディショニングEXとは
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。
ファンケルのビューティーブーケでごわつき肌を解消して顔たるみ改善へ
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。
ファンケル化粧品に配合のアクティブセラミドのスゴイ効果とは?顔のたるみへの効果は?
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。
顔のたるみ改善に無添加ファンケルBCビューティコンセントレートの効果がスゴイ
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。