ソフィーナハリ美容液のハリを与える独自成分とは?その効果は?

 

年齢を重ねていくにつれて、女性のお肌の一番の悩みは、「ハリ不足」と言う方が多くなっていくようです。お肌の「ハリ不足」は、顔のたるみを引き起こしてしまう原因の一つだと思います。そこで、ソフィーナは、角層におけるハリのもとである弾力性の線維に着目し、その弾力性のある線維を潤いで満たし、お肌をふっくらとさせることで、押し上げるようなハリ肌を与え、顔のたるみを避けられるのではないかと考えました。

 

ソフィーナは、ハリ不足に悩む、女性たちのために、2017年に「ソフィーナリフトプロフェッショナルハリ美容液EX」を改良し、新発売することにしました。その美容液には、独自開発された、「モイストリフト成分」と「月下香培養エッセンス」を配合して機能性を向上させ、押し上げるようなハリに努めたと言います。

 

そのソフィーナリフトプロフェッショナルに配合した、モイストリフト成分と月下香培養エッセンスとはどのような働きをするのでしょう。まとめてみました。

顔のたるみ肌からハリ肌への変化はケラチン線維の潤いが大事

ソフィーナのハリ美容液「リフトプロフェッショナルEX」は、角質層のケラチン線維に着目し、ケラチン線維をうるおいで満たすことで、お肌のハリを取り戻し、たるみのないお肌を目指すことができる美容液です。

 

ケラチン線維と言うのは、お肌の表皮の部分に存在するものです。表皮は、厚さが平均約0.2oのとても薄い膜ですが、お肌の一番外側にあり、外部からの異物の侵入や体の水分の蒸発を防ぐバリアとなり、内部を保護しています。

 

表皮は、外側から4つの層でできており、角層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層から成り立っています。その大部分は、ケラチノサイト(角化細胞)とそれが変化した細胞が占めています。

 

健康なお肌は、この表皮の部分で絶えず、新しい細胞と交代しています。この仕組みが、ターンオーバーと呼ばれるものです。ターンオーバーでは、ケラチノサイト(表皮、角化細胞)という細胞が大活躍します。

 

 

ケラチノサイトからケラチンへの変化

 

ケラチノサイトは、表皮を構成する細胞の90%以上を占め、ターンオーバーによって、形、成分、働きを変えていきます。基底層で生まれたケラチノサイトは、体内から栄養を補給して2個の細胞に分裂し、このうち1個は、基底層にとどまって次の細胞分裂に備えます。

 

もう1個の細胞は、有棘細胞から顆粒細胞へ、最後にケラチンからなる角層細胞となって角質層にとどまりやがて剥がれ落ちます。ケラチンは、化学物質などに対する強い抵抗力をもつ性質があり、角質層、髪の毛、爪などを組織する不溶性のタンパク質です。

 

ケラチンは水を含むと柔らかくなる性質を持っています。健全な角質層には、約20%の水が含まれていますが、それがお肌の潤いと表面の柔らかさの源です。角質層の上には、皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混じってできる皮脂膜が覆っています。

 

また、角質の中の角質細胞内には、天然保湿因子(NMF)があり、細胞外には、角質細胞間脂質があります。この皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、セラミドが約50%を占める角質細胞間脂質の3つがお肌の保湿やバリア機能を担います。

 

お肌が乾燥し、ハリ不足を感じているお肌には、この角質層の水分不足が生じている場合が多いです。上記でもお伝えしたように角質層にとどまっているケラチン線維を含む角層細胞は、水分を含むと柔らかくなる性質があります。そこで、ソフィーナハリ美容液のリフトプロフェッショナルEXに配合されたモイストリフト成分と月下香培養エッセンスEXが角層細胞に働きかけハリ肌へと導いてくれます。

 

お肌にとってアミノ酸はとても大切です。肌の乾燥とアミノ酸の関係は以下の記事を参考にして下さい。

 

顔のたるみ改善の為に肌の乾燥とアミノ酸の関係を知っておこう

 

モイストリフト成分に含まれる頼もしい美容成分

 

ショウガ根エキス

 

 

ショウガ根エキスは、ショウガの茎、根より抽出・精製され、黄色から褐色をした透明エキスです。

 

  • 血行促進作用
  • くすみ防止作用
  • 皮膚コンディショニング剤
  • 育毛剤
  • 香料

等として利用されることが多いです。

 

セイヨウトチノキ種子エキス

 

 

セイヨウトチノキは、別名「マロニエ」とも呼ばれ、トチノキ科トチノキ属の落葉高木でバルカン半島からトルコが原産です。セイヨウトチノキ種子エキスは、セイヨウトチノキの種子から抽出して得られるエキスです。

 

  • 抗炎症作用
  • 血行促進作用
  • 抗酸化作用
  • 紫外線防御
  • 収れん作用
  • 皮膚弾力改善
  • 皮膚柔軟
  • 保湿

などの効果があります。

 

ヒバマタエキス

 

 

ヒバマタという海藻から抽出されたエキスです。ヒバマタエキスは、新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

アミジノプロリン

 

アミジノプロリンは、アミノ酸の一種です。保水力に優れていて、角質を柔軟にする作用があります。人間の体に存在している成分なので、安全性は高いです。

 

アセチルヘキサペプチドー8

 

表情筋の緊張をほぐす作用があります。小じわのできる原因の一つは、笑った時などにできたシワが固定されることにあります。角質を柔軟にし、表情筋の緊張をほぐすことで、小じわへの効果が期待できます。小じわが急に増えて悩まれている方には、おすすめです。

 

グリセリン

 

薬局でも購入が可能なグリセリンは、保湿力に優れた成分です。乾燥した角質層に潤いを与えてくれます。

 

月下香培養エッセンスEX

 

 

月下香培養エッセンスは、月下香の花びらを傷つけた時に生まれる「カルス」という再生力の高い細胞を、あえて過酷な環境で約3年間培養し、そこからおよそ0.5%にまで厳選した希少な成分です。

 

月下香培養エッセンスの最大の特長は、肌表面を均一に覆って、カサついて荒れた状態の肌を外部刺激守る点にあります。月下香培養エキスのおかげで、お肌は、外部から刺激を受けにくくなる為、肌の生まれ変わりのサイクルが正常化されて、保水力が回復され、ハリ肌へと導いてくれます。

 

以上がソフィーナのハリ美容液リフトプロフェッショナルEXに配合されている主な美容成分です。リフトプロフェッショナルは、ケラチン保水処方と呼ばれる「ケラチン線維」というタンパク質の一種に水分を抱え込ませて、角層を柔らかくし、肌の奥までしっかりと潤わせることで、月下香培養エッセンスの働きで保水しつつ、後の乳液がより馴染みやすい肌へと整えていきます。

 

美容成分が肌の上でミルフィーユ状に層を成すように作られているので、長い時間、お肌を潤いし続けます。顔全体に広がらなければ多くの美容成分が配合されていても意味のないものになってしまいます。美容液自体がゆるいテクスチャーになっているので、顔全体に広がります。

ソフィーナハリ美容液リフトプロフェッショナルEXの口コミ

 

ソフィーナハリ美容液のリフトプロフェッショナルEXは、販売開始から、多くの女性が興味を持っていたようです。リニューアル販売から間もないにもかかわらず、口コミ検索すると、多数の口コミが見つかります。

 

ドラッグストアでも購入できるので、どこでも手軽にお試しで、塗布してみて、購入できるところがポイントの様です。購入した方のほとんどは、即効性は、ないけれど、使い続けるうちに、お肌にハリを感じるようになったとかお肌がツヤツヤしてきたなどの口コミを見かけました。

 

ただ、もうすぐ1本目が終わるけれど、未だにお肌に変化を感じないので、リピしようか悩んでいるという声も見かけました。リピ買いしようか悩むほど効果に即効性はないと考えた方が良いかもしれません。ただ、配合成分から考えても、十分にお肌のハリを期待できるものばかりが含まれているわけですから、継続使用によりお肌のハリを感じることは可能だと考えます。

 

ただ、ソフィーナのリフトプロフェッショナルEXの美容液は、角質層に着目した美容液です。細胞から元気になる美容液とは少し違うということの理解が必要だと思われます。もし、かなりの年齢を重ね、細胞から元気にして、顔のたるみを改善していきたいとお考えの場合には、幹細胞培養エキス配合の美容液がおすすめです。

 

幹細胞培養エキスの美容液については、以下の記事を参考にして下さい。

 

顔のたるみに睡眠は大事、ディアガイアナイトリペアエッセンスが夜使用の理由

スポンサードリンク

ソフィーナハリ美容液のハリを与える独自成分とは?その効果は?