顔たるみ改善の為に知りたいアミノ酸化粧品の特長・効果・選び方

 

私たちの身体にとって、アミノ酸は、とても大切な成分です。簡単に言うとアミノ酸は、たんぱく質の元です。私たちの身体は、20%がたんぱく質でできていると言われています。アミノ酸は、タンパク質が分解され、最も小さな成分になったもののことです。

 

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は、20種類です。お肌にとって大切なコラーゲンやエラスチンの生成にもアミノ酸は重要です。お肌の角質層にある天然保湿因子(NMF)も約50%がアミノ酸です。このようにアミノ酸は、私たちの体やお肌を支えるすごく大切な成分です。

 

アミノ酸は、私たちの身体やお肌にとって必要不可欠な成分です。そのため、食べ物からも積極的に摂取することが大切です。また、食事からの摂取が難しい場合は、サプリメントもおすすめです。最近、アミノ酸の重要性が注目され始め、アミノ酸化粧品も多数販売されるようになってきています。

 

どのようなものがアミノ酸化粧品と呼ばれているのでしょう。アミノ酸化粧品は、年齢を重ねたお肌には、どのような効果をもたらしてくれるのでしょう。加齢に伴う顔のたるみにも効果があるのでしょうか。アミノ酸化粧品をこれから利用してみようかと考えている方の参考になればうれしいです。

 

お肌とアミノ酸の関係については、以下の記事を参考にして下さい。

 

顔のたるみの予防、改善にアミノ酸は重要!アミノ酸の効果とは?

顔のたるみ改善に利用したいアミノ酸化粧品の特長

一般的にアミノ酸を配合した化粧品は、アミノ酸化粧品と呼ばれていますが、化粧品の成分表示については、「アミノ酸」の記載はありません。

 

私たちの身体を構成するアミノ酸は20種類と言われていますが、自然界に、現在知られているアミノ酸は、500種類以上と言われています。アミノ酸にはたくさんの種類が存在する為、成分表示は、一つ一つのアミノ酸の種類で記載されています。

 

 

化粧品に配合されている主なアミノ酸は、アルギニン、グリシン、グルタミン酸、サルコシン、バリン、トレオニン、セリン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニンなどがあります。

 

化粧品にアミノ酸を配合した場合の効果

 

アミノ酸を化粧品に配合した場合に期待できる基本的な効果は保湿です。主なアミノ酸の効果は以下の通りです。

 

アルギニン

 

角質層の細胞分裂を促進します。尿素やコラーゲン生成に重要な働きをします。

 

リシン

 

コラーゲン生成時の原料となるアミノ酸です。保湿効果にも期待できます。

 

プロリン

 

コラーゲン生成時の原料となるアミノ酸です。保湿効果にも期待できます。

 

グルタミン酸

 

新陳代謝を活発にするアミノ酸です。皮膚を保護し、保湿する効果も期待できます。

 

サルコシン

 

アミノ酸の一種で、クレアチンの分解生成物です。保湿効果が期待できます。

 

アミノ酸は、私たちの身体を構成する一部なので、身体に塗布しても刺激性が少ないことが特徴です。その為、普通肌や脂性肌の方はもちろん、乾燥肌、混合肌、インナードライ肌、敏感肌の方でも使える成分です。

 

アミノ酸とセラミドの違い

 

基本的には、アミノ酸の効果は、保湿と言う点が期待されるのですが、セラミドを比較した場合に、それは、とても弱い効果になってしまいます。セラミドは、水分を挟み込んで保湿しますが、アミノ酸は、水分を吸着して保湿します。

 

その保湿方法の違いから、保湿力ではセラミドより弱いものとなります。また、水分を抱え込んで保湿する成分のプロテオグリカンやヒアルロン酸と比べても保湿力は弱いです。だからといって、アミノ酸が不要と言うわけではなく、保湿方法の違う成分と組み合わせることで様々な角度から保湿が可能となるのです。

 

アミノ酸は浸透力に優れている

 

アミノ酸は、分子が小さく、水溶性でイオン化する性質があります。その為、イオン導入時に利用することで、お肌の奥まで浸透して優れた保湿効果が期待できます。

顔のたるみ改善の為に知っておきたいアミノ酸誘導体とは

 

化粧品に配合されているアミノ酸の場合、アミノ酸誘導体として配合されている場合があります。アミノ酸誘導体とは、もともとの成分が持つ構造や性質をあまり変えずに変化させた化合物のことです。

 

種類が豊富なアミノ酸の場合、化粧品の配合時に、アミノ酸としての性質が壊れやすかったり、上手くお肌に浸透しないなどの問題が生じるアミノ酸の場合には、それを解決するための方法として、誘導体に変化させて配合している場合があります。

 

例えば、トラネキサム酸というのは、聞いたことがあるのではないでしょうか?実は、トラネキサム酸は、必須アミノ酸であるリシンを元に人工合成されたアミノ酸誘導体です。トラネキサム酸は、OTC医薬品としては、初めて肝斑の改善が効能として認められた成分です。

 

トラネキサム酸は、メラニン発生の要因の一つと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックすることで、肝斑の原因となるメラニン発生を抑制してくれます。この場合、リシンのままでは、安定的なお肌への効果が期待できないため、アミノ酸誘導体としてトラネキサム酸が作られるようになったのです。

顔のたるみ改善の為のアミノ酸化粧品の選び方

 

上記までで、アミノ酸が配合されている場合の化粧品の特長や効果についてお伝えしましたが、アミノ酸化粧品が、多数販売されている中で、どのように選んだら良いのか迷ってしまうところですよね。そこで、加齢とともに気になり始めた顔のたるみの改善効果が期待できるアミノ酸化粧品の選び方についてお伝えします。

 

配合されているアミノ酸の種類が多い

 

アミノ酸化粧品を選ぶ際には、配合されているアミノ酸の種類は、1種類ではなく、多数のアミノ酸が配合されているものがおすすめです。私たちの身体を構成している20種類のアミノ酸は、それぞれ少しずつ働き方が違います。多くの種類のアミノ酸を含んでいる化粧品であれば、お肌に及ぼす影響も様々な方面から効果が期待できるからです。

 

ビタミンC誘導体の配合は大切

 

ビタミンC誘導体とアミノ酸は、相性の良い成分です。ビタミンC誘導体は、コラーゲンを作る働きがあり、アミノ酸は、コラーゲンの原料となるからです。

 

コラーゲン原料となるグリシプロリン、アラニン、ヒドロキシプロリン、グルタミン酸、アルギニンなどのアミノ酸とビタミンC誘導体の両方が含まれているとコラーゲン産生が促進される効果が期待できます。

 

アミノ酸以外の保湿成分も重要

 

アミノ酸の保湿力を考えた場合、他の保湿成分も一緒に配合されている化粧品の方が加齢に伴うお肌の乾燥を防ぐ効果が期待できます。例えば、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、セラミドなどが一緒に配合されている化粧品を選ぶことをおすすめします。

 

年齢に負けない肌作りの為の美容成分の配合が大切

 

アミノ酸以外の美容成分やアミノ酸誘導体、又は原料にアミノ酸を含む美容成分が配合されている化粧品がおすすめです。

 

お肌に不要なものが含まれていないことが大切

 

香料や合成着色料などお肌にとって刺激になりそうな成分が配合されていない化粧品がおすすめです。

 

上記のポイントを参考にアミノ酸化粧品を選ぶことをおすすめします。

スポンサードリンク

顔たるみ改善の為に知りたいアミノ酸化粧品の特長・効果・選び方

関連ページ

顔のたるみの予防、改善にアミノ酸は重要!アミノ酸の効果とは?
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。
顔のたるみ改善の為に肌の乾燥とアミノ酸の関係を知っておこう
顔のたるみの改善法のまとめ。カッサ、注射、プラセンタは効果あるのか?その他、効果的成分についてまとめています。