顔のたるみ改善に保湿クリームが大切な理由とは?シグナリフトエンリッチクリームで王道へ!

顔のたるみ改善に保湿クリームが大切な理由とは?シグナリフトエンリッチクリームで王道へ!

 

加齢とともに顔のたるみは、気になってきますよね。顔のたるみばかりが気になり、スキンケア全体が見えなくなってしまっている方は、いらっしゃいませんか?今回、保湿クリームをテーマに記事を作成しようと思ったのですが、この時点で、顔のたるみに効くクリームって?あるの?って思った方・・・・・・・残念、そういうお話ではないんです。

 

 

今回は、顔のたるみをなんとかしたいんであれば、保湿クリームは、重要だと言うお話です。そして、皆さん、保湿クリームでしっかり保湿対策をしていますか?というお話です。最近は、技術も進んで、クリームの中に、エイジングケア成分などを配合して、たるみケアしながら保湿もできてしまうクリームもありますが、そういう機能があればあるほど保湿部分がしっかりできているのか疑問です。

 

 

まずは、クリームの基本的な役割である、「お肌にフタをして水分の蒸発を防ぐ」というケアをしっかり見直しましょうというお話です。さあ、「今更、なぜ?」と思った方は、次をどうぞ。保湿ケアの参考になればうれしいです。

顔のたるみ改善に保湿クリームは大切!年齢とともに皮脂膜が減少してしまうからです

お肌の最も外側の表皮の部分は、4つの層から構成されています。外側部分から角層、顆粒層、有棘層、基底層です。一番外側にある角層には、肌内部の水分を保持する保湿機能と外的刺激から肌を守るバリア機能があります。角層のこれらの機能が正常に働くことでお肌が乾燥から守られているのです。

 

 

でも、角層のこの二つの機能が正常に働かなくなってしまったらどうなるでしょう。正常に行われていたお肌のターンオーバーは、乱れがちになり、十分な機能を備えた角層細胞が作られないまま、角層に押し上げられてしまう状態が続きます。

 

 

 

角層細胞が未熟なままターンオーバーが進んでしまうとお肌の保湿機能やバリア機能は、どんどん低下していくことになります。そして、お肌の乾燥が悪化するとお肌にハリがなくなり、顔のたるみを引き起こす原因となってしまいます。

 

 

では、角層の機能である、保湿機能やバリア機能が正常に働かなくなる原因とは、何があるでしょう。原因は、様々あります。環境の変化、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランス、食生活の偏りなど。日常生活の変化が角層の機能に影響を及ぼします。

 

 

しかし、これらの原因は、自分で生活習慣を気を付けることで、お肌が変わってくるものです。しかし、加齢によるお肌の変化は、避けられないものです・・・・。そう、加齢によりお肌の皮脂が減少してくると角層の機能は衰えてしまいます。

 

 

健康なお肌の表面には、皮脂膜が存在し、その皮脂膜で保湿機能やバリア機能が維持されています。皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗と角層の成分が混じり合って皮脂膜が形成されています。この皮脂膜は、「天然の保湿クリーム」と呼ばれています。

 

 

一般的に、極端な乾燥肌でなければ、30歳前半くらいまでは、お肌の皮脂量は、十分に存在すると言われています。皮脂量が十分に存在すれば皮脂膜も形成され、お肌の保湿機能とバリア機能は保たれます。しかし、30歳後半から皮脂量は、減少し始めます。ちょうど、お肌にエイジングサインが出はじめ、小じわなどが気になり始めるころです。

 

 

お肌の皮脂量が減少すると、自然と健やかな皮脂膜が形成されなくなり、お肌の水分の蒸発を防ぐ力が低下してしまいます。その結果、お肌の保湿機能やバリア機能が正常に働かなくなり、お肌の乾燥が進行してしまうことになります。

 

 

その皮脂膜の働きを補うものとして保湿クリームが必要になってくるのです。個人差はあるものの、加齢により皮脂が減少することは避けられないことです。また、気温が低くなる寒い季節は、お肌の温度も低下し、代謝が悪くなります。皮脂膜に必要な汗の分泌も減少してしまいます。その為、寒い季節は、尚更保湿クリームが必要になります。

 

 

30代後半あたりから、目元の小じわ、ほうれい線が気になりだし、フェイスラインもぼやけて顔のたるみも気になるな~と思いながら、一所懸命エイジングケアをしてきたと言う方がいらっしゃるかもしれません。高価な美容液を使って、スキンケアに励んでいた方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

その時、保湿クリームは、どうしていましたか?とりあえず、何となく使っていたと言う方もいるかもしれません。ベタつきが気になり、使わないと言う方も。又は、美容液自体オールインワンだから、クリームは使わないと言う方もいらっしゃるかも。

 

 

さて、それで実際、大丈夫だったでしょうか?しっかり、保湿クリームで水分の蒸発を防ぐことができなければ、いくら高価な化粧水や美容液を使ってもそこに含まれた大事なエイジングケア成分は、水分と一緒に逃げてしまっているかもしれないのです。

 

 

有効な成分をお肌に閉じ込めて、顔のたるみ改善を目指し、エイジングケアをするためには、しっかり保湿ができるクリームが必要なのです。もう一度、毎日のスキンケアに使っている保湿クリームの見直しをおすすめします。

顔のたるみ改善に必要な保湿クリームとは?シグナリフトエンリッチクリームは長時間保湿が可能

では、どのような保湿クリームを選べばエイジングケアができて、顔のたるみ改善に繋がっていくのでしょう。まずは、保湿クリームの基本的な機能となる、「お肌の水分の蒸発を防ぐ」という点から考えると、お肌の水分の蒸発を防ぐには、皮脂膜と同じ機能を期待したいところですよね。

 

 

そうなると、皮脂膜と同じ様な成分が配合されていることが大切になると思います。皮脂膜と同じ成分というと、オレイン酸、リノール酸などの脂肪酸が含まれていたり、スクワランなどが含まれたいたりすると良いかもしれないです。オレイン酸、リノール酸などは、ホホバオイル、オリーブオイル、シアバターなどに多く含まれています。

 

 

また、細胞間脂質として存在するセラミドなども配合されていると保湿効果が高いクリームだと思います。しかし、これらの成分が配合された保湿クリームは、クリームを使う前までにしっかり保湿ができていることが前提としての利用です。

 

 

スキンケアの基本は、保湿ですから、化粧水などで十分に水分を与えて、美容液などでエイジングサインに働きかける栄養分を与えた後で使うクリームとして捉えて下さいね。しかし、今は、技術が進んで、保湿クリームでもエイジングケアができてしまうクリームが多くなってきています。

 

 

エイジングケアができてしまうクリームと言うことは、「お肌の水分の蒸発を防ぐ」と同時に「お肌の水分を保持する」為の成分と「エイジングケアができる」成分が配合され、お肌に栄養を与えながら、その栄養を逃さないクリームと言うことになります。

 

 

しかし、あれもこれも機能を取りいれた結果、一番大事な保湿ができる機能が薄れてしまっては、意味のないクリームになってしまいますが、再生医療センターで開発されたと言う、シグナリフトのエンリッチクリームは、長時間保湿をする為に考えられたクリームなので、保湿重視ですが、エイジングケアもできてしまうクリームでもあります。

 

 

様々、機能が備わっているにもかかわらず、長時間保湿が可能と言う点が注目のポイントです。シグナリフトと言うと、「シグナペプチド」を配合した美容液がとても話題になり、使ってみた方も多いと思いますが、とってもスゴイ美容液なんですよね。

 

 

ま~とにかく再生医療の研究としての技術を採用しているわけですから、スゴイ美容液ができるのも当たり前なのかもしれません。そのシグナリフトから今度は、クリームが開発されたのです。そのクリームには、「シグナペプチド ホワイトプラス」という保湿成分が採用されている様です。

 

 

シグナぺプチド ホワイトプラスは、シグナリフト独自の保湿成分の様で、5種類の成分から構成される複合成分の様です。この成分には、再生医療で注目されている情報伝達物質「エクソソーム」をコントロールすることでシミの原因になる過剰に分泌するメラニンを抑制してくれる働きがある様です。美白効果も期待できるということですね。その他の効果としては、ハリや弾力効果も期待できる様です。

 

 

そして、一番の注目は、長時間保湿を可能にしてくれるという「セルモイスヴェール処方」です。この技術によって、お肌に有用成分を浸透させながら長時間保湿も同時に実現できるようになったと言います。また、敏感肌の方にも利用できるように、何度も試作品の開発と臨床を繰り返したということです。スゴイ開発の熱意を感じてしまうんです♪

 

 

この「セルモイスヴェール処方」とは、水分蒸発抑制、水分保持、密着性の高さによる潤いとツヤをお肌に与えることができる3種の油系成分を独自のバランスで配合することで、有用成分の肌への浸透と長時間保湿を実現し、高保湿で乾燥知らずの潤いのキープが可能になります。

 

 

その結果、シグナリフトのエンリッチクリームを夜につけると濃密クリームがお肌に密着したまま朝を迎えることができるので、お肌の水分蒸発なしのモッチリ肌に仕上がります。今までこの様な機能を備えたクリームはなかったと思います。

 

 

しっかりお肌に水分を保持しながら、水分の蒸発も防ぎたいと思い、保湿クリーム選びに悩まれている方は、この「セルモイスヴェール処方」のシグナリフトエンリッチクリームは、おすすめです。その他の成分は、シグナリフトのHPでも確認できますが、細かくみると、セラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどエイジングケア成分が豊富に配合されています。

 

 

それでも、やはり年齢肌のことを考えると、まずは、クリームを使う前までのスキンケアが大切ですから、しっかり、スキンケアの基本も行うようおすすめします。

 

 

シグナリフトエンリッチクリームのレビュー記事は、以下から確認できます。

顔のたるみ改善などのエイジングケアにシグナリフトエンリッチクリームのお得な購入法

シグナリフトエンリッチクリームは、今のところ楽天やアマゾンなどでは、購入できない様です。そうなるとシグナリフトの公式HPが一番お得です。1回だけの買い切りだと33g入り10,800円(税込)で購入できます。しかし、定期購入にすると初回は、2,980円(税込)で購入できます。2回目以降は、20%オフの8,640円(税込)で購入が可能です。

 

 

定期購入にしても、回数の縛りがないので、次回発送の7日前までに手続きをすれば、周期の変更、お休み、解約が可能です。定期購入にした場合には、30日間の返金保証もあるので、もし、お肌に合わなかった場合には、返品もできます。気軽にお試しできるように設定されているところが嬉しいですね。保湿クリームでしっかり保湿をしたいと考えながら何が良いか悩んでいた方は、まずは、気軽にお試ししてみることをおすすめします。

 

トップへ戻る