シグナリフトエンリッチクリーム 顔のたるみ改善

シグナリフトエンリッチクリームは新型ビタミンC誘導体配合で乾燥肌顔のたるみの原因となるセラミド不足を解決

 

加齢とともに顔のたるみ、シワなどに悩まされている方は、多いと思います。大抵の場合、肌の乾燥が原因と言われています。しかし、しっかり保湿しているのに乾燥してしまうのが年齢を重ねた肌と言うことで、なかなか保湿も上手くいかないと言うのが本音のところですよね。

 

 

・・・というのも保湿をしてもお肌の内部がしっかり水分を抱え込む状態でなければ、保湿も意味のないものになってしまうと言うことです。その鍵を握るのが「セラミド」と言われています。しかし、セラミドも加齢とともに減少してしまうと言われている成分です。

 

 

外側から補うだけでは追いつかない場合もあります。セラミドの生成も活発になるほどの肌体力があれば、肌のハリも戻り保湿環境も向上し、顔のたるみ改善につながっていく可能性があります。そのような保湿環境向上を可能にしてくれるのがシグナリフトエンリッチクリームです。

 

 

シグナリフトエンリッチクリームには、セラミド生成をサポートしてくれる新型ビタミンC誘導体が配合されていると言うことで、ちょっと気になってまとめてみることにしました。その頼もしい新型ビタミンC誘導体とは何なのでしょう。どのような効果が期待できるのでしょうか?今後のお肌の保湿ケアの参考になればうれしいです。

シグナリフトエンリッチクリームで解決したい乾燥肌、顔のたるみの原因となるセラミド不足が引き起こす肌への影響

 

お肌のハリの土台となるのは、真皮層に存在しているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸です。それらの成分が満たされていることでお肌のハリは、保たれています。真皮層で網目状に張り巡らされたコラーゲンをエラスチンがつなぎ合わせる様にして真皮層を支えています。

 

 

更に、そのコラーゲンの隙間を埋める様にヒアルロン酸が存在して、潤いを保持しています。そんな構造をしている真皮層を守るのが角層です。この角層もまた、脂質や水分などで構成されています。水分不足などでその構造が崩れてしまうと真皮層の構造も崩れやすくなってしまいます。

 

 

 

お肌の構造が崩れてしまうと、肌は、ハリがなくなりたるみやすくなってしまいます。顔のたるみを解消するには、しっかりとした肌構造を守ることが大切になります。お肌の外側に位置している角層は、外部からの刺激から肌を守るバリア機能の働きと水分を逃がさない為の保湿機能の働きがあります。

 

 

どちらの働きも維持するためには、細胞間脂質の正しい構造が欠かせません。この構造を「ラメラ構造」と呼ばれています。角層は、ブロック状の角層細胞とそれをつなぎ合わせている細胞間脂質とで成り立っています。

 

 

この細胞間脂質は、脂質と水分の層とが交互に規則正しく折り重なった状態「ラメラ構造」になっている事が大切です。脂質の層が減少状態でも水分の層が減少していてもラメラ構造は崩れてしまいます。その脂質の部分を守るのがセラミドです。

 

 

セラミドは、肌内部の水分をしっかり抱え込み外部刺激から肌を守る役割もあります。何らかの原因でセラミドが減少してしまうと細胞間脂質のラメラ構造は崩れてしまいます。ラメラ構造が崩れると、肌内部の水分は、どんどん奪われ肌が乾燥した状態に陥ります。

 

 

また、外からどんなに水分を与えても、セラミドがなければ与えた水分を保持することができません。その結果、お肌のハリは失われ、顔のたるみが生じてしまうことになります。細胞間脂質を正しいラメラ構造に整えることでお肌の保湿力はグッとアップします。その役割を果してくれるのがセラミドです。

 

 

セラミドの高い保湿力は、肌の構造を整え、肌をしっかり潤わせて、顔のたるみやほうれい線、小じわなどを予防、改善してくれます。加齢に伴い、お肌に現れるエイジングサインの多くは、肌の乾燥によるものだと言われています。

 

 

セラミド生成が行われるような活発な肌細胞を目指してスキンケアすることで肌の保湿が維持され、ラメラ構造を整えることで顔のたるみ、シワなどの改善につながっていきます。そこで、シグナリフトエンリッチクリームの様な、長時間保湿が可能であり、セラミド生成をサポートしてくれるクリームを使用することで悩みの解決に近づけてくれるのです。

セラミド不足を解決してくれるシグナリフトエンリッチクリームに配合された新型ビタミンC誘導体とは

セラミドが不足すると角層のラメラ構造は乱れ、肌のハリが低下する原因になってしまいます。シグナリフトエンリッチクリームには、ハリのある肌へと促す為に保湿環境を向上させることを目的として新型ビタミンC誘導体が配合されています。

 

 

美肌を維持する為には、ビタミンCは欠かせない成分の一つですが、ビタミンCの性質上、そのまま化粧品原料として利用することはできないのが、今までの課題でした。最近では、技術が進歩し、酵素の力により体内でビタミンCに変化するという、ビタミンC誘導体が開発されるようになり、幅広く、化粧品にも利用されるようになっています。

 

 

シグナリフトエンリッチクリームに使われているビタミンC誘導体は、「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」です。「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」は、他のビタミンC誘導体と比べると、様々な効果が期待できるビタミンC誘導体です。以下、具体的にお伝えします。

 

  1. セラミド生成増加をサポートしてくれる効果
  2. 活性酸素を消去する抗酸化作用が期待できる
  3. 神経繊維の伸長を抑制して刺激に強い肌へと促してくれる働き

 

 

セラミド生成増加をサポートしてくれる効果

 

外部刺激から肌を守る角層のバリア機能は、細胞と細胞をつなぐセラミドと水分の層からなるラメラ構造ポイントになります。加齢や外的要因などで、セラミドが不足するとラメラ構造が乱れ、バリア機能が低下してしまいます。

 

 

しかし、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸を補うことで角層のセラミドを増やしてラメラ構造が整うという作用が研究などで明らかになってます。また、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸を肌から補うことでラメラ構造が厚くなり肌内部に水分をしっかり抱え込むことができる肌へと導いてくることも研究などで明らかになっている様です。

 

 

肌自身が活性酸素を消去する作用を活発化させる作用が期待できる

 

紫外線やストレスなどで発生し、肌老化を促進させてしまう要因となるのが活性酸素です。しかし、私たちの肌は、その活性酸素を消去するというシステムが備わっているのです。そのシステムは、加齢やストレスなどで機能しなくなったり、作用が追いつかなくなってしまう場合があります。

 

 

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は、肌自身が活性酸素を消去することができるように働きかかけてくれる成分だといわれています。

 

 

神経線維の伸長抑制で刺激に強い肌へと促してくれる

 

人と比べて敏感な肌の方は、神経線維が肌表面近くまで伸び、感知する必要がない刺激まで感じとってしまうことが原因の一つだと言われています。シグナリフトエンリッチクリームに配合されている3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は、この神経線維が伸びるのを抑制する効果があることが確認されています。

 

 

従来のビタミンC誘導体で刺激や違和感を感じ、利用することを避けていた敏感肌の方にも利用できる可能性があると言うことです。その他にも、一般的にビタミンC誘導体に期待できる効果としてコラーゲン促進や美白効果なども言われていますが、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸にもそれらの作用も期待できると言われています。

 

 

このように、敏感肌に悩まれていた方も乾燥肌に悩まれていた方にも違和感なく使えるクリームとしてシグナリフトエンリッチクリームが開発されました。肌質に関係なく、幅広く肌の悩みに働きかけてくれるアイテムというところが大きなメリットの一つだと思います。

 

シグナリフトエンリッチクリームでセラミド不足を補えるまとめ

新型ビタミンC誘導体と言われる3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は、セラミド生成を増加させてくれる働きあります。また、肌自身が活性酸素を消去できるほどの活性化作用が期待できる点と刺激にも強い肌へと導いてくれるという働きも期待できます。

 

 

今まで、ビタミンC誘導体などの刺激を避けてきた方にも利用できる可能性があるクリームです。お試ししたい方は、初回からお得に購入できる定期コースで気軽お試しすることをおすすめします。お肌に合わなかった場合には、返金保証もありますよ。

 

 

 

 

シグナリフトエンリッチクリーム体験レビューは以下の記事になります。参考にしてください。

トップへ戻る